REPORT

西鶴賀エリアリノベーション

2019年2月22日

一般社団法人長野県建築士会長野支部は2月22日、「西鶴賀エリアリノベーションワークショップ」のための関係法規講習会を行ないました。

 

このワークショップでは、注目を集めている「エリアリノベーション」という手法により、市街地の空洞化に歯止めをかけ、さらにはかつての活気を取り戻すことを目指します。

「リノベーション」とは、住居や店舗を改装することで新たな価値を加えること。それをまちレベルにまで広げ、エリア全体の賑わいを取り戻そうというのが「エリアリノベーション」の考え方です。

まずは「西鶴賀通り」に新しいテナントを1~3 店舗展開させ、そしてそれらが起爆剤となり、まち全体に新しい風を起こすことを一つの目標とします。

 

今回は、リノベーションの実現に向け、必ず考慮しなければならない建築基準法や消防法等、関係法規の講習会を開催しました。

 

IMG_6272

 

IMG_6251

開会の挨拶をする丹羽正道副支部長。

 

IMG_6278

法規研修委員の水野忠道氏(北野建設株式会社建築部)が関係法規の最新情報やエリアリノベーションのターゲットとなる空き店舗改修への法的対応策等について、具体的かつ詳細に講義しました。

 

IMG_6280

講義の内容をうけて会員有志が測量した空き店舗の図面等を参考に、エリアリノベーションの実施に向けたアイディアを出し合いました。

 

IMG_6281

 

IMG_6284

 

IMG_6285

 

IMG_6290

 

IMG_6293

 

IMG_6300

閉会の挨拶で、土倉武幸支部長は「今回のエリアリノベーションは、建築士会にとっても大きな事業になる」と話し、事業実現へのより一層の協力を求めました。

 

 

西鶴賀エリアリノベーション

2019年2月21日

一般社団法人長野県建築士会長野支部は2月20、21日、「西鶴賀エリアリノベーションワークショップ」のための現地測量を実施しました。

 

このワークショップでは、注目を集めている「エリアリノベーション」という手法により、市街地の空洞化に歯止めをかけ、さらにはかつての活気を取り戻すことを目指します。

「リノベーション」とは、住居や店舗を改装することで新たな価値を加えること。それをまちレベルにまで広げ、エリア全体の賑わいを取り戻そうというのが「エリアリノベーション」の考え方です。

まずは「西鶴賀通り」に新しいテナントを1~3 店舗展開させ、そしてそれらが起爆剤となり、まち全体に新しい風を起こすことを一つの目標とします。

 

今回の測量では、企画会議のまちあるきで訪問した空き店舗4軒を再度調査し、リノベーションの実現に向けた図面起こしを行いました。

 

IMG_6131

2月20日は、5名の会員が参加。久米えみ副支部長を中心に打ち合わせを行った後、二手に分かれて3軒の空き店舗を測量しました。

 

IMG_6128

 

IMG_6124

 

IMG_6121

 

IMG_6135

 

IMG_6137

 

IMG_6144

 

IMG_6147

 

IMG_6149

 

IMG_6148

 

IMG_6153

 

IMG_6154

 

IMG_6167

 

IMG_6158

 

IMG_6184

 

IMG_6173

 

IMG_6187

 

IMG_6196

 

IMG_6189

 

IMG_6191

 

IMG_6199

 

IMG_6200

 

IMG_6243

翌21日は、丹羽正道副支部長が空き店舗1軒の測量を行いました。

 

IMG_6212

 

IMG_6218

 

IMG_6225

 

IMG_6229

 

IMG_6230

 

IMG_6231

 

IMG_6235

 

IMG_6241

 

測量中には、参加した会員から「ここは、まちの集まりに使えそう」「「子ども食堂」が行えるのでは」等、エリアリノベーションに向けて様々なアイディアが出され、今後の事業実施に期待が高まる測量調査となりました。

西鶴賀エリアリノベーション

2019年2月9日

一般社団法人長野県建築士会長野支部は2月9日午前10時30分から、2回目の「西鶴賀エリアリノベーションワークショップ」企画会議を女性会館しなのきで開催しました。

 

このワークショップでは、注目を集めている「エリアリノベーション」という手法により、市街地の空洞化に歯止めをかけ、さらにはかつての活気を取り戻すことを目指します。

「リノベーション」とは、住居や店舗を改装することで新たな価値を加えること。それをまちレベルにまで広げ、エリア全体の賑わいを取り戻そうというのが「エリアリノベーション」の考え方です。

まずは「西鶴賀通り」に新しいテナントを1~3 店舗展開させ、そしてそれらが起爆剤となり、まち全体に新しい風を起こすことを一つの目標とします。

 

今回は、周辺地区を含めたまちあるき、区長をはじめとした地元関係者との懇談およびデモワークショップを行ないました。

 

IMG_5956

 

IMG_5954

エリアリノベーションの成功を目指し、開会の挨拶をする丹羽正道副支部長。

 

IMG_5957

午後に予定されている地元・周辺区長等との意見交換について説明する株式会社まちづくり長野・越原照夫タウンマネージャー。

 

IMG_5965

久米えみ副支部長が、丸一日にわたる今回の企画会議のスケジュールを説明。

 

IMG_5967

まちるるきでは、3つのグループに分かれ、前回より広範囲にエリアの状況を確認しました。

 

IMG_5979

 

IMG_5982

 

IMG_5986

 

IMG_5988

 

IMG_5991

 

IMG_5995

午後は再び女性会館しなのきで、地元および周辺地域の区長や商店会関係者等との懇談と午前中のまちあるきをふまえたデモワークショップを実施しました。

 

IMG_6016

地元からは、第三地区住民自治協議会・湯本泉会長をはじめ、西鶴賀町の田中雄次区長、柄沢正秀田町区長、松下重信東鶴賀区長、高野弌夫緑町区長、西鶴賀町商店会・田中勲会長等の地元関係者が参加。それぞれのまちへの思いを語りました。※権堂町・柄澤洋一区長は急病のため、欠席

 

IMG_6011

「増え続ける空き家問題を解決し、地域の活性化を目指したい」と、今回のエリアリノベーションへの期待を語った田中雄次西鶴賀町区長。

 

IMG_6013

西鶴賀町商店会の田中勲会長は「商店会としても今回のエリアリノベーションに全面的に協力したい」と意欲的に語った。

 

IMG_5999

検討が進む権堂地区の再開発事業等をふまえ、「地域全体の活力アップを目指すべき」と語る柄沢正秀田町区長。

 

IMG_6021

遊郭等が存在した歴史を振り返るとともに、まちの将来へ思いを語る東鶴賀町の松下重信区長。

 

IMG_6023

駐車場の増加へ危機感を募らせる一方、マンションに建設により人口が増えつつあると、まちの現状を語る高野弌夫緑町区長。

 

IMG_6025

「地域の歴史をふまえたまちづくりをお願いしたい」と話す第三地区住民自治協議会・湯本泉会長。

 

IMG_5992

各区長や商店会等、地元の協力に感謝する土倉武幸支部長。

 

IMG_6031

各区長と地元関係者も参加し、エリアリノベーションで目指すまちのすがたをワークショップ形式で議論しました。

 

IMG_6028

 

IMG_6033

 

IMG_6035

 

IMG_6043

 

IMG_6045

 

IMG_6044

 

IMG_6046

 

IMG_6050

 

IMG_6048

 

IMG_6049

 

IMG_6052

 

IMG_6057

 

IMG_6061

 

IMG_6063

 

IMG_6066

 

IMG_6067

最後にグループごとにエリアリノベーションで目指すまちのテーマを発表し、3月に予定する一般参加者を入れてのワークショップの実施に向けて意見交換を行いました。