REPORT

師走のアート

2018年12月21日

13:30~15:00
参加者:  1人

 

【案内人】アートマル

芸術家

 

【プロフィール】

 

絵画教室みたいな絵画教室主催
もちろん絵も描くけど笛も吹く。今年は皆神神社の1300年祭の奉納劇の音楽を担当。

 

【コース案内】

 

長野の町も12月ともなればクリスマスのイルミネーションに浮き立ち否が応でも年の瀬の緊迫感を感ぜずにはいられませんが敢えてどこ吹く風、師走を横目にのんびりお散歩してみましょう。無駄だと思うことの中に未来へのヒントがあるのです。たぶん。

 

【コース】

東町ベース

ギャラリー花蔵
絵画教室の作品展をやらせてもらっている。大量消費、合理社会の波に解体されそうになるも奥さんの熱い想いで保存。現在に至る。

バーバラ
作品展の時はいつもここで食事をする。奥さんがバーバラだと思ったら、ご主人がバーバラだった。いいかんじ。

権堂花街
表参道に対する裏参道。光あるところに影がある。誠栄光の影に数知れぬ忍者の姿があった…。

数寄屋内藤
お茶の世界こそ無駄な物や事を美に消化させた日本のわびさび。結構な御福あいでございました。

アートマル
資本主義的に無駄の極地。絵画教室みたいな絵画教室。日々是好日。本日の思い出を絵に描いて己へのクリスマスプレゼント

 


 

IMG_5649

晴天に恵まれ、今年最後のまちあるきに出発です。

 

IMG_5656

集合場所である東町ベースのおとなり「ギャラリー花蔵」へ。案内人のアートマルさんが主宰する「絵画教室みたいな絵画教室」では、こちらのギャラリーで作品展を毎年行っているとのこと。

 

IMG_5666

オーナーの花岡さんから蔵への思いや信大生の協力を得て行なったリノベーションの概要をうかがう。

 

IMG_5671

ギャラリーの2階にある「酒商ミニ博物館」も見学させていただきました。明治時代から8年前まで酒店を営まれていた花岡さんが実際に仕事で使用していた品々を興味深く拝見しました。

 

IMG_5680

次は、こちらも同じ通りにあるカフェ「バーバラ」へ。

 

IMG_5681

コーヒーをいただきながら、アートマルさんから一見無駄だと思うものの中にこそ価値があるというアートの魅力について、お話をうかがいました。

 

IMG_5683

東町から権堂町を通って、長野駅前に向かいます。

 

IMG_5696

IMG_5699

茶道具を扱う「数寄屋内藤」さんで、日本の独自の美意識である「わびさび」を体感しました。

 

IMG_5707

最後は、アートマルさんのアトリエに。

 

IMG_5713

アトリエ内に展示されたアートマルさんの作品を見せていただく。

 

IMG_5718

IMG_5720

アートマルさんが行なっている丸を描くワークショップを皆で体験。今日のまちあるきを思い出しながら、色や画材も自由に各々楽しく描きました。

 

(同行:藤沢)