REPORT

まちなかエリアリノベーション

2020年2月8日

公益社団法人長野県建築士会ながの支部は2月8日、西鶴賀町でエリアリノベーションの実施に向けた調査を行いました。

「リノベーション」とは、住居や店舗を改装することで新たな価値を加えること。それをまちレベルにまで広げ、エリア全体の賑わいを取り戻そうというのが「エリアリノベーション」の考え方です。

まずは「西鶴賀通り」に新しいテナントを1~3 店舗展開させ、そしてそれらが起爆剤となり、まち全体に新しい風を起こすことを一つの目標とします。

今回は、設備業者の方にご協力いただき、主にリノベーションの対象となる建物のライフラインの現状を確認しました。

 

IMG_8597

まずは、給排水設備の現状確認から作業を開始しました。

 

IMG_8599

 

IMG_8602

傷んだ畳を剥がし、床板の状況を見るなど、建物の損傷度合いも調査。

 

IMG_8603

 

IMG_8606

 

IMG_8610

 

IMG_8612

 

IMG_8617

屋外にあるメーターの設置状況等も調べました。

 

IMG_8620

 

IMG_8623

 

IMG_8624

給排水設備については、実際に水を流して入り組んだ排水管の設置状況をみる等、あらためて複数の建物を対象とした調査をすることになりました。

また、他の設備についても入居希望者の要望をうかがいながら、長野県建築士会ながの支部まちなか特別委員会のメンバーを中心に計画していくこととなりました。