最近いろいろな人から
「長野の門前は古い建物を活かすのが上手なまちだね」
なんて声をかけられるようになりました。

長いこと空き家だった建物が、
次々と新たな用途で使われていく…

「その速さや集積、件数の多さが飛びぬけている」
と言う人もいます。

そんなこのまちに「まちくらしたてもの案内所」ができました。

古い建物の間にのびる小路や
日々の営み、息づかい、ゆるやかなつながり。

大切にしながら、
このまちをもっと知りたいし楽しみたいと思っています。

そんな活動の総称を
「まちくらしたてもの案内所」と呼んでいます。


※平成27年・28年・29年
長野市中心市街地活性化協議会「遊休不動産活用事業」