REPORT

床張りワークショップ

2020年5月12日

公益社団法人長野県建築士会ながの支部は5 月12日に、「壁塗りワークショップ」を開催しました。

開催時間: 14:00~18:00

参加人数: 5名

 

コロナの影響で人数小規模での開催です。

県立大生の福島さんのお友達が助っ人に駆けつけてくれ、床張りの作業を開始しました。

台所の床から開始。

久米さん御指導の下、床のタイルを並べて張っていきます。

張り付ける前には、一度タイルを並べて、きれいに張れるようタイルを切り貼りする分の印などをつけていきます。

床もコンクリート打ちっぱなし風のタイルデザインのものを使い、壁との雰囲気を合わせていきます。

 

県立大生チームが床張りを頑張っている間、残っている壁や棚のペンキ塗りの続きをやっていきます。

 

また、前回までに終わったところの養生テープをはがしていきます。

綺麗に濡れている壁の面に仕上がっていますね。

 

こちらの床には畳が入る予定です。

リビングルームになるのかな?

 

打ち合わせ結果のお話をお聞きすると、来週には業者の方が入ってお風呂、トイレ、台所水回りなどの工事に取り掛かるとのことでした。

それまでに壁床天井の塗装を完成させていきます。

 

木材の床にタイルがはめ込まれ、「家っぽくなってきた!」と会話も弾み、作業も進みます。

 

一枚ずつ隙間なくタイルをはめ込むのは根気のいる作業ですね。

一般の家を作っている大工さんって本当にすごい!

 

こちらは、台所横の裏口です。

壁と棚のペンキを塗って乾かし中です。

木の風合いと壁の色がいい感じになってきましたね。

今日の床張り作業はここまでです。

明日はまた、福島さんと友人2人の3人で床張りの続きをする打ち合わせがありました。

とってもきれいに張れていますね。大学生すごい!

キッチンの出来上がりが近づいてきたのが実感できますね。