REPORT

古くて新しい門前オフィス巡り

2017年9月16日

13:00~16:00

 

参加者:6人

 

【案内人】宮本圭

シーンデザイン一級建築士事務所 代表

 

【プロフィール】

建築設計事務所代表。

有限責任事業組合ボンクラを立ち上げ、東町にある古い建物を活用し、

建築士、デザイナー、編集者らと共同で楽しいことを企画提案。

飯綱にツリーハウスも制作。

 

【コース案内】

未来の私たちが働く環境をどうしていきたいか、一緒に考えてみませんか。

門前で働く人や風景を巡り、働く環境を再発見するまちあるきです。

 

【コース】

東町ベース
案内人も入居する文具店を改装したシェアオフィス。

CAMP不動産というサークル活動に賛同した企業や個人が

調していくことをデザインした場所。

OPEN
元呉服屋兼住居及び蔵を改装した施設。

同一敷地内に複数の建物が中庭(オープンスペース)を

囲むように建ち並んでいるのが特徴。

tokiori
ギャラリーとデザイン事務所が、ガ
ラス間仕切りで仕切られながらも、

ほぼ同一空間に併設されている。仕事場にとっては、ノイズになりかねない

状況を自ら作り出している点がおもしろい。

アソビズム長野ブランチ
「価値を想像できるアソビとは、どのようなものか」

を追求しているアソビズム。そ

のための理想的な生き方・働き方、場のあり方とは。

遊びと仕事が同居している楽しいオフィスです。

アソビズム横町オフィス
アソボズムの新しいオフィス。

元家具屋倉庫の中に入れ子状に諸室を配置しています。

半戸外的なラウンジスペースが、

今後どのような活用のされ方をするのか想像してみましょう。

カネマツ(粉門屋仔猫)
案内人が所属する有限責任事業組合ボンクラが、管理運営するシェアオフィス。

企業組織や個人ではなく、その中間的な領域で働くことを実践している事例。

フラットな信頼関係が自発的に生まれ、動的に保持されている関係が生まれています。

 


 

まずは案内人の宮本さんも事務所を構える「東町ベース」の紹介から。

建物のメリット・デメリット、周囲の環境や道路との関係性などを、

場所が出来上がる経緯と絡めて、わかりやすく解説していただきました。

21688096_615965025460230_3018451103097766081_o

21687144_615965135460219_2537118449758599611_o
南に下り「OPEN」へ。

広場や公園を囲む建物として、その可能性や展開などのお話を。

そしてOPENに入居するクボタさんからも、OPENの概要に加え、

クボタさんの事務所やトリノコ(シェアオフィス&イベントスペース)まで

ご案内していただけることに。

実際に使われている方の声も、とっても勉強になります。

21753345_615965255460207_77838156245475725_o

21753443_615971825459550_6856857307917790970_o
お次は「tokiori」。

こちらはまだ新しいオフィス。ギャラリーも併設されています。

単純な仕事関係の出会いだけでなく、

予期せぬ良い出会いを期待してつくられた事務所とのこと。

新旧ミックスされた空間は、これからの広がりも大いに感じさせてくれました。

21688387_615965518793514_553490020458696582_o

21587146_615965365460196_8841698908191058598_o

※道中で開催されていた「あがたまちマルシェ」
 
 
そこから北に上がり「アソビズム 長野ブランチ」に。

「遊ぶ」に重きを置いた働き方が随所に散りばめられている建物。

どこをとっても完成度が非常に高く、本気で遊んでいるうちに、

それが仕事になっていく。。。

そんなワクワクする空気感が漂うなんとも快適なオフィス。

21686805_615965785460154_1491565059160254578_o

21687054_615965625460170_2903129035797277259_o
そして次の訪問場所も同じくアソビズムさんの「横町ブランチ」。

コチラ、ついおととい(2017/9/14)に竣工したばかりのオフィス!

ずっとシャッターが閉じていた場所にキラッと光るガラスの建具が入り、

一瞬で目線を引きこまれてしまいます。

中はまだ備品や什器など揃っていませんが、

長野ブランチ同様アソビズムさんなりの本気が見れることでしょう。

楽しみです!

21753064_615966948793371_7914121899225905724_o

21688059_615967048793361_1165473033411867059_o
最後、お茶休憩場所でもある、カネマツ・粉門屋仔猫に。

建築的な視点だけでなく、宮本さんもカネマツに大きく関わる一人として、

運営や方針といったソフト面を多くお話ししてくださいました。

「作って終わり」ではないスタンスが魅力の一つだと感じます。

21587113_615967565459976_3641611105675180076_o
と、ここまででひと段落したので、

参加者一同、和気藹々と話をしながらお茶の時間をゆっくり過ごしました。

21765442_615969535459779_2364124518430909947_o

何度かこのまち歩きの案内人を務めていただいている宮本さん、

この回は珍しく建築用語を頻繁に言葉にされていました。

といっても、非常に優しく丁寧に説明してくださるので、

参加者の方もおもわず聞き入り、みなさん一生懸命メモを取る姿に。

「建築」「仕事」「遊び」の視点が交錯した、

現実に見えている「まち」だけではない部分も知ることができたようです。

(受付・同行・撮影 高島)

門前おさかな探検

2017年9月15日

14:00~16:30

 

参加者:4人

 

【案内人】松木佑太郎

長野市 都市整備部 市街地整備局 市街地整備課 都市再生担当

 

【プロフィール】

長野市で生まれ育ち、昨年長野市役所に入庁した二年目職員。
大学生活4年間を静岡で過ごし、釣りに目覚めてからは暇さえあれば

釣りに出かける日々。得意なジャンルは海でのルアーフィッシング。

 

【コース案内】

海が無い長野県で、魚を扱っているお店を、

釣りが趣味の案内人と一緒にまわりましょう。

魚好きも魚嫌いもきっと楽しめる、食べておいしい、

見て楽しい魚の世界をみんなで味わってみませんか?

 

【コース】

東町ベース

清滝商店
善光寺西側にある鮮魚店。

粕漬け、西京焼きがおいしいと評判のお店。

新鮮な魚の見分け方や仕入れの裏話などを伺います。

加藤鯉店
海なし県の魚といえば淡水魚。

いけすで泳ぐ魚を見ながら、こだわりの国産川魚を扱うお店で

ご主人においしい川魚の食べ方を伺います。

能登重
中央通に十台続く老舗鰹節店。

芳醇な香りの中で鰹節についてのお話を伺い、

食べ比べや出汁の試飲などしながら鰹節の世界に浸りましょう。

珈琲倶楽部寛
アクアリウムのある幻想的な喫茶店。

店名のとおり寛ぎの空間が味わえるスポット。

美しい水槽を眺めながら、今回のまちあるきを振り返りましょう。

 


 

21688151_615888212134578_3840267529159193939_o

秋晴れの穏やかで気持ち良い気候の中、

善光寺西側にある「清滝書店」が始めの訪問先。

たくさんの鮮魚たちが肩を寄せ合うように並べられていました。

それまで若干緊張していた松木さん、

まるで水を得た魚の様に、それぞれの特徴や美味しい食べ方を

細かに説明してくれました。清滝ご主人からも仕入れ先などのお話も。

21762875_615888255467907_518319178132271740_o

21687092_615888308801235_4389445692311317225_o
南に下り「加藤鯉店」へ。

ここではなんと、いけすから信州サーモンを上げ、その場で解体。

そしてお刺身にしてくださいました。なんとも貴重な場面。。。

サーモンの重量感、解体の技術と美しい所作、今までにない味と舌触り。

終始一同感動しっぱなし。とても贅沢な時間を楽しませていただきました。

21587277_615888348801231_1564472476213411449_o

21686840_615888412134558_4747636779975846022_o

21587272_615888498801216_4562979578700785544_o
次は近くの「能登重」さんに。

実に300年も続くという老舗鰹節店。

女将さんから鰹節の種類、削り方、お店の看板の歴史まで、

何度も前を通っていても全く知ることのできなかったお話ばかり。

21752883_615888632134536_9070877594141942511_o

21640821_615888762134523_5684493622770634961_o
さらに南に下り、終着点は「珈琲倶楽部 寛」。

アクアリウムのある店内で、優雅に泳ぐ魚を眺めながら一日のおさらいを全員で。

どのお店でも今までにない経験をしたため、皆さん帰り際まで興奮が冷めやらぬ様子。

海なし県にもかかわらず、「魚」という初めてのテーマの当回、

本当に楽しい時間でした!!

21587377_615889038801162_3294245922757830683_o

21587374_615888845467848_8863970955654157322_o
単純にお店に並べられている品物ではなく、

その裏の背景や人の想いがとても伝わり、常に感動しっぱなし。
同じ体験を経て、初めましての参加者同士も

すっかりと昔からの友人のように仲良くなっておりました。

まちも知れて、お腹も膨れ、新しい仲間とも知り合える。

そんな充実したお魚探索でした。

是非松木さんに第二弾も案内していただきましょう!

(受付・同行・撮影 高島)