REPORT

西鶴賀、空き長屋調査隊

2020年9月19日

9月19日(土)15:00~17:00
案内人:久米えみ(設計工房CRESS代表)

参加人数: 13名

 

プロフィール
一級建築士 長野県建築士会所属 長野県木造住宅耐震診断士・・・

コース案内
繁華街権堂とかつての遊郭「鶴賀新地」を結ぶ西鶴賀は、夜営業の飲食店を中心に、パン屋、喫茶店、自転車、理容室などが肩をならべ、入り組んだ路地や懐かしい長家も残る魅力的なまちです。この空き長屋を建築士の視点で調査し、活用の提案もしていきます。

コース
西鶴賀商店街
ゆっくりと歩いてみれば実はさりげなく充実している商店街

長屋の空き家
いくつか並んだ空き家を見ます。魅力と活用の可能性をおはなしします。

長屋の元空き家
改修が終わり居住中。一階がどう使われるか楽しみです。

長屋の裏 畑
のどかです。妄想がふくらみます。

レオン・ドーロ
リノベーションされたばかりのイタリアンバルで空き長屋とまちの活用のはなしをしましょう。


 

ありがたいことに、早いうちから予約者が定員に達し、急遽集合場所が勤労者女性会館しなのきに変更となった、「西鶴賀、空き長屋調査隊」。

予報では天気も心配されましたが、曇りに持ちこたえ、まちあるき開催となりました。

 

集まっていただいた勤労者女性会館しなのきでは、案内人久米さんからこれまでの西鶴賀でのリノベーションを通した建築士会長野支部のまちづくり活動の経過やこれからの計画をお話しいただきました。

久米さんと同様建築士会の勝山さんが加わりスライドショーを使いながら、前年度に行った「西鶴賀エリアリノベーション」活動での、町の方々から上げられたアイディアの発表と、西鶴賀のまちのポイント要所を説明していただきました。

 

西鶴賀のメインストリートが点線で囲われています。小さな〇部分は西鶴賀に点在している小路。

遊郭だったことで入り組んだ小路がたくさんあることや、そのおかげで西鶴賀の通りが発展してきた歴史があること。

小路は今でも入ってみたくなるような雰囲気があり、こういった場所を活用できるような案を提案していきます。

こちらは現状の小路の写真から、

生活のための小路を整備し、その奥の空間に入っていきたくなる所を作る案をイラストにて可視化したもので説明をしてくれます。

 

このスライドショーの最後に、建築士の方々に出来ることは地域住民な方々の地域の悩み相談を受けたり、場所や物件を貸し借りしたい人への交流の場を設けたり、情報やアイディアを提案することなど多方面から人を橋渡しすることだとお話がありました。

そこからさらにその町の住居者や商売人の人々によって、町の可能性を広げられるということなんだなあという印象を受けました。

 

それでは実際に西鶴賀の町並みを見ながら、現在着手中の空き長屋物件を見に行きます。

 

先程のスライドショーでは、現状は駐車場のこの場所で、このスペースを活用したにぎわい広場の場所づくり、高い壁を利用したボルダリング併設のカフェの提案もありました。

 

空き家や空き店舗が増えて、商店街を歩いただけでも実際に結構な件数があることが分かります。

でもこうして町並みの写真を撮ってみるだけでも、昭和レトロな雰囲気を味わえるので活かせそうなものは大きいように感じます。

西鶴賀にある小さな路地をうまく活用して、線を繋ぎ面作りに繋げていければという話もしながら歩いていきます。

 

こちらは、西鶴賀の老舗パン屋さんのエビスパン。いろんな種類の美味しいパンを買うことができます。

今でも様々な世代から大人気のパン屋さんです。

大体お昼過ぎごろで売り切れがほとんどのようです。

 

角には陶芸教室をやっているお店があったり、

レトロで素敵な外観のイガラシ理容店が。

もちろん営業しています。
西鶴賀の歴史の話をたくさんしてくれる店主・イガラシさんの老舗の床屋さんです。

 

現在着手している、西鶴賀の空き長屋物件はここから9棟あります。

長屋でありながら、外観は変わったものが多く参加者の方々から「もったいないね」という声も多くありました。

 

 

以下写真の物件が、今年の6月まで内装をしていた県立大生住居中の物件です。

本日は中1階を少し見せていただきました。

久米さんから、自分たちで壁を張ったり塗ったりした話やかかった費用のこと、1階のスペースにこれから野菜を売りたい学生が入るかもしれないことなどこれからの計画の説明がありました。

 

 

中を見てもらいながら、以前のお店のお話や、これからの交流所となる物件の説明をしてくれました。

この物件の斜め向かいにランチ営業をしている人気定食屋さんがあるそうです。

 

これで西鶴賀の路地を少し散策しながら、新しく出来た西鶴賀のリノベーションイタリアンバル「レオン・ドーロ」さんへ向かいます。

少し小路を歩くだけでも、面白い物件に出会えます。

かつて、小さな路地沿いにも長野市で1番古いうどん屋さん、寿司屋魚屋などでとても栄えていたそうです。

(この門のある平屋の家屋がうどん屋さんだったそうです。)

 

いよいよ「レオン・ドーロ」さんへ到着です。(外観の写真無くてすみません)

中に入ると、おしゃれな空間が広がっています。

壁と梁の色が素敵ですね。

イタリアンバルでは、ドリンクや料理を楽しみながら、お店の方からもお店の紹介とリノベーション後の部屋の活用の仕方や、その際にかかった費用もお聞きしました。

 

そしてそれぞれ参加者の方々の記念撮影をパシャリ。

ピザもとっても美味しそうです!!(とてもおいしいです)

「レオンドーロ」さんでは、実際に見た西鶴賀リノベーション物件に住んでいる県立大学生たちと建築士会の支部長も合流し参加者の皆さんからざっくばらんなリノベーションや空き家物件などの質問会へとなって、今回のまちあるきが終了となりました。

門前の鬼無里

2020年9月18日

2020年9月18日(金) 15:00~17:00
案内人:羽田 稔(長野市企画政策部企画課)
参加人数: 6名
プロフィール
鬼無里支所勤務をきっかけに3年前に鬼無里に移住。自然、歴史、動物、暮らし…。鬼無里の奥深い魅力は尽きることなく、日々教えられています。
コース案内
善光寺から裾花川沿いの国道406号を西へ約20km。かつて、安曇、戸隠、小川、松代方面の街道が交差する交通の要衝として栄え、物資の集散地であった鬼無里は、昔も今も善光寺門前と深いつながりがあります。門前で味わえる鬼無里ゆかりのスポットを訪ねます。
コース
楽茶れんが館…旧信濃中牛馬合資会社社屋。鉄道ができる前、地域間の貨物運送に牛馬が活躍していました。

八幡屋磯五郎本店…初代・室賀勘右衛門さんは鬼無里出身。江戸中期、善光寺門前で七味唐辛子の販売を始めました。

「裾花峡」石柱…昭和2年「日本百景」に選定された裾花川沿いの裾花峡。記念の石柱が鬼無里街道の東の起点、仁王門脇にあります。

いろは堂善光寺仲見世店…鬼無里を代表するおやき屋さん。今年5月に善光寺仲見世店オープン。門前で美味しいおやきを味わえます。

タカギデザイン事務所…鬼無里の魅力を温かいイラストで表現してくれるデザイナーさんの事務所。今年の鬼無里観光ポスターも好評です。

おでん家ひろびろ…権堂アーケードを過ぎて、西鶴賀の路地裏にあるおでん店。気さくな店主との鬼無里談義でリラックス。

当日はあいにくの雨予報。
お昼ごろからやんだり降ったりと不安定なお天気の中での出発となりました。
れんが館内で明治時代から牛馬の社屋として利用されていたお話や鉄道の発達で徐々に運送の形態が変わったことをお話してくれました。
早速、八幡屋磯五郎本店へ向かいます。
八幡屋磯五郎本店に到着すると、室賀社長から直々に鬼無里と室賀家のつながりについてお話をお聞きしました。

室賀社長の室賀家は上田にある本家からの分家だそうで、先代は竹田藩についたがうまくいかず、鬼無里へ移住したそうです。
鬼無里では江戸時代以降に麻の栽培が盛んで賑わっており、仁王門から西山へ続く道の両脇には長く商店が連ねていたそうです。
麻のみが七味に使え、元々は薬として服用されていた七味を長野にも持ち込み、七味、つるや酒饅頭などと並ぶ善光寺7名物のひとつとなりました。
先代は鬼無里に住まれて麻と七味調合したものを卸していたとのことで、3代目から桜枝町に引っ越されて、善光寺さんのお膝元ということで、薬と願掛けも込めて門前の界隈へ参入し現在に至るそうです。
本店から繋がる 横町カフェでは、七味を使用したジェラートやカレー、デザートなども楽しむことができます。
かわいい七味缶のいす!
裾花峡は古くから眺めがいい場所として知られていたそうで、日本百景と知られる絶景地までの道中にこういった石柱が建てられ、昔の人たちはそれを頼りに目的地へ向かっていたそうです。
仁王門横の道からずっと店が連ねて西山奥の方まで続いていたという室賀社長からお話のあった道はこの通りですね。
十八町は今の茂菅あたりを言うそうです。
そこから仲見世を通って、5月に仲見世通りにオープンした鬼無里に本店のある いろは堂さんへやってきました。
創業100年ほどになる老舗です。
元々は小川村からでおやき前はパン屋を営んでいたお話も。
今は生地が変わっていて人気の親機として知られていますが、以前はパン生地が日本人には不慣れで不人気だったそうです。
今回は特別に試食もいただきました。
野沢菜が一番人気。とっても美味しいです。

国産の具材に拘っているので、具材のとれ高によって販売になれるか決まるそうです。

あんこと野菜ミックスから始まった、味噌を使っているものはすや亀さんのものを使用して地元の物、国産の材料にこだわって改良を重ねてきました。

いろは堂の作り方は揚げ焼き。一度揚げてからオーブンでやいています。
元パン屋さんだったことで、酵母を生地に使っているため外カリっと、中はふわふわもっちりになります。現在は、1日に1万個に作られている大人気おやきです。

 

まいたけ、じゃがいもがこれからの季節限定のおやきメニュー。楽しみですね!

雨が上がり、鬼無里ポスターをデザインしているタカギデザイン事務所へ。

 

 

1階にSunny Dog cafeがあるこのホワイトハウスという建物は、シェアオフィスになっている3階建ての建物。

 

その1画にタカギデザイン事務所があります。

元々は2階と3階は歯医者さんの住居スペースだったところを現在のスタイルにしたそうです。

タカギさんからは、鬼無里のプロジェクトや鬼無里のフットパスウォーキングマップを作るために歩いて鬼無里中を巡ったことなどのお話をお聞きしました。

 

また、門前周辺のお店で取り扱うオリジナル手ぬぐいのデザインをされていることもお聞きしました。

この3つを並べると一つの絵になる仕組みです。

 

タカギデザイン事務所を後にし、西鶴賀まで向かいます。

権堂アーケードを過ぎて西鶴賀商店街まで来たところの、小さな路地の向こうにおでん屋ひろびろさんはあります。

中はこんな感じでした。

 

おでん屋ひろびろさんでは、鬼無里出身の気さくな店主の方のお店の紹介と、ひろびろの店名の由来のことをお聞きしました。

いつもこのお店は常連さんで人気ということで今日は開店時間に合わせて到着です。

ちなみになぜひろびろかというと、今の店主の2代目で、お母さんのひろこさんとお母さんのお友達のひろこさんでお店を始めて、2人のひろ子さんからひろびろになったのだそう。

案内人羽田さんはこのひろびろへよく来られて、鬼無里のお話も度々しているそうです。

 

羽田さんからは、このまちあるきで1番みなさんに伝えたかったことは、地域の方々の人柄、文化的・歴史的背景、自然あふれる環境など全てを含めて、魅力あふれる鬼無里を、もっと皆さんに伝えて知るきっかけを作ったり、興味を持ってもらい多くの人に訪れてもらったり移住してもらえたらという挨拶で今回のまちあるきを締めくくっていただきました。