知っているようで知らない、ながののまち。
案内人と歩くと見えてくる、いつもと違うまちの景色。
ときにはゆっくりと、まちの息づかいを感じてみるのもいいかもしれません。

2021年9月・10月まちあるき パンフレットを見る(PDF)

9月17日(金)10:00~12:00

スマホで「門前文化財ものがたり」

案内人 竹田友紀(長野市役所 T係長)

国宝善光寺門前の7カ所の国登録有形文化財。
その美しい景観を携帯電話で撮影し、貴女の心の白い日記に「門前文化財ものがたり」を綴り始めましょう。
当日は、美しさにレスポンスできる研ぎ澄まされた感性をお持ちください。
「頭で考えるな! 心で感じろ!」

※携帯電話(写真撮影機能のあるもの)を持ってきて!
※2キロくらい歩くので、歩きやすい靴と飲み物をオモッチー!
※膝をついて撮影するよ~ん。軽装だぁぁぁぁぁペコ
※写メ撮影の初心者対象だよ~ん!分かった?(゚д゚)(。_。)ウン

【コース】
楽茶れんが館/THE FUJIYA GOHONJIN/門前商家 ちょっ蔵おいらい館/中澤時計本店/長野聖救主協会/信州大学教育学部書庫/株式会社三原屋

9月18日(土)14:00~16:00

城山てくてく実験映像ラリー

案内人 月原はる菜(映像ディレクター)

「かわいい」「あかるい」「むずかしい」「刺激的!」「食べてみたいなぁ」などといった形容詞や感情を、まちに点在する物体に重ね、映像でとらえてみる実験。城山エリアは、新しい美術館のオープンに合わせ、古くからある施設の改修が計画されています。私にとっても皆さんにとっても、思い出のつまったこの場所で、感情を被写体に置き換えてカメラを回す。思った以上の傑作が出来上がるかもしれませんよ。お手持ちの動画撮影が可能なカメラで、月原が毎回指示する言葉に合う物体を制限時間内にどんどん撮影していいましょう!最後は上映会をします!

※持ち物:動画撮影可能なスマートフォンかカメラかビデオカメラ(いずれもSDカードかmidroSDカード収録できるもの)

【コース】
長野県立美術館/城山動物園/楽茶れんが館

10月15日(金)14:00~16:00

移住者に会いに行く

案内人 坂田大輔(Webディレクター)

善光寺は宗派や男女を問わず、様々な人を受け入れてきたという経緯があります。
そのせいなのかわかりませんが、門前には県内外含めて多くの人が移住し、お店やオフィスといった拠点を構え、外からの視点で良い影響を与えてくれています。
今回は、長野市以外に出身を持ち、門前で長年活動する人々を訪れ、この場所の魅力について活動内容と絡めながらお話をお伺いします。

【コース】
夏至/映像と文章の作家事務所・ジョッガ/ネオンホール/JBN

10月16日(土)15:00~17:30

社交場めぐりでつながりづくり

案内人 岡田江里子(Biotope編集長/広告代理店企画担当)

この街は、いろんなつながりができると俄然楽しい!「旅人と地域の人の社交場」「ビジネスの社交場」「夜の社交場」の3カ所をめぐりながら、この日出会う人たちとつながってみませんか。

【コース】
1166バックパッカーズ/Thesaurus株式会社/時空館土儘(Dojin)

参加申込み・注意事項など

【定員】
各回10名(要予約)

【参加料金】
1000円(学生500円)+飲食代実費

【集合時間】
開始時刻の10分前

【予約・お問合せ】
090-1553-1485(まちくらしたてもの案内所)
(受付 午前9時〜午後6時)

【当日集合場所】
楽茶れんが館
長野市大門町67-1

※まちあるき中の体調管理や事故、トラブルに関しては自己責任でお願いいたします。
※小雨決行、荒天中止

【企画協力】ナノグラフィカ
【主催】長野市中心市街地活性化協議会
【運営協力】まちくらしたてもの案内所