REPORT

クリスマスギフト・ツアー

2020年12月22日

日時:12月19日(土) 13:00~16:00

参加人数:

案内人:吉川 みのり (よしかわみのり) シソーラス株式会社 Communicator

プロフィール
神戸市出身。2019年春、会社の新事業展開に伴い、家族で関西より移住。友人・知人0人の新天地にて地域活性・まちづくり・働く女性のネットワークの立ち上げに携わる。

コース案内
イルミネーションが眩しい大通りから細い路地裏へ足を踏み入れると、ふとしたところにおしゃれでセンスが光るお店がたくさんあります。かわいい雑貨屋さん、こだわりの古本屋さん、心地よいカフェ、素敵な花屋さんなど、魅力的なお店を回ってステキなクリスマスギフトを選びましょう。関西から移住した女子がご案内します。

コース
楽茶れんが館

CAFE LE GARCON(カフェ ル・ギャルソン)
フレンチスタイルのカフェ。気どらずポップに楽しみましょう。

みちくさ研究所
手づくりの小物が並ぶちいさなお部屋は、急いでいたら見逃してしまうかも。

シンカイ
一言で何屋とは言えない、その楽しみ方は自分次第。

インスワール
優しく柔らかくしなやかな服や皮の小物たちに囲まれると心が落ち着きます。

シソーラス株式会社
2019年4月、大阪市から長野市拠点を移した。ITコンサルティングやWebアプリの開発を主力事業とするIT企業です。

リゼット
帽子、ワンピース、コート、靴、ケトル、籠、スプーン、ブローチ、鏡も飾り棚も、何もかもが乙女で可愛い。

flumina-flumira
花や木が変化していく美しさを教えてくれるお花屋さんで、オリジナルクリスマススワッグ作り(1500円実費、所要時間50分)
※希望者のみ


◆楽茶レンガ館 出発式

案内人の吉川さん、最初から関西弁と長野弁入り乱れてフルスロットル全開でトークしてます。せっかくの出会いを大切にしたいとの思いから積極的に参加者のみなさんに声かけしています。もっともっとみなさんと地域を元気にしていきたと話されていました←熱い

さて、まちあるきの始まりです

◆CAFE LE GARCON(カフェル・ギャルソン)

店内をチラ見。若き日のフレディ・マーキュリー似の男性と赤ジャケのおしゃれな紳士が昼カフェを楽しまれていました。

西宮神社の脇を進むご一行様。浜省で「路地裏の少年」という懐かしい歌がありますが、私はつい路地はいると、初めて知る路地裏の行き止まりに期待してしまいます。今日は無事に通過できそうですね。

◆みちくさ研究所

手作りの一品ものが品よく丁寧に陳列されています。食いついて魅入られている参加者さん、お目当てのものがあったようです。どなたにプレゼントされるのでしょうか?

とんかつ屋の紹介はルート上にはなかったのですが、案内人吉川さんがここおすすめなんです!アドリブで経由してくれました。ランチタイムの3時間のみの営業とのことです。

◆シンカイ

びっくり!おやきを販売していました。案内人の吉川さんは変わり種の「イタリア」がおすすめとのこと。ベーグルも始めました。あまりベーグルを販売している店はないような?ぜひご賞味ください。

店主と嫁さんと息子さんがお出迎えしてくれました。冬対策完全防備です。

店主の嫁さんにおすすめのクリスマスプレゼントは?と聞いたところ、すぐに売り切れてしまって、また入荷したYAMAtuneのソックスがおすすめですとのことでした。保温性が高く、毛玉もできにくく、ずり落ちもしない冬用万能ソックスとのことです。からし色がかわいい。

◆リゼット

総合生活雑貨のセレクトショップ店。レディース向けの商品が多いですが、キッチンやバス系は男性もイケると思います。店内を一回りすればお気に入りの一品が見つかること疑いません。クリスマスまであと数日しかありません。旦那さん、彼氏を家から連れ出しましょう。

以下、ギフト選びのご参考までに・・・

ショッピングとなりますと、女性はガゼンと笑みがこぼれますね。左端の岡村さん、奥さんは恐妻家とお聞きしていますが、手ぶらで大丈夫ですか?

◆インスワール

奥には店主の和田さん。ここはオーガニックやリサイクル素材を利用したアパレル&生活雑貨店で、一押しは野生の鹿革を使ったレザーアイテムです。鹿革はきめ細かい上に長持ちするとのことです。環境への配慮を常に心がけて商品つくりをされているとのこと。有害獣駆除とはいえ人間の都合で犠牲になる動物に対して畏敬と慈しみを持たれているからなのでしょう。近年、狩猟女子が増加傾向にあり、思いめぐらさせらることもありますが猟銃、狩猟については「山賊 ダイアリー」という漫画が意外に入りやすいです。

◆flumina-furumira

本日のメインイベントのクリスマススワッグつくりです。スワッグとは壁飾りのことらしいです。店主の込山さんがあらかじめのレクチャー中ですが、皆さんは初体験とのことで表情が少し硬くなっていますね!「どうぞお手柔らかにお願いします!」

お一人お一人にしっかりサポートしていきます。ものつくりといった体験型の企画は全員がそろってめでたく完成することはめったにないのですが・・・

最後は、全員どや顔で締めてくれました。本日一日、お疲れさまでした。

 

◆参加者の感想

・スワッグを飾るのが楽しみです。よい体験ができました★!〈50代 女性〉

・とても楽しかった。これからのshoppingの参考になります〈50代 女性〉

・近所でも知らないことが多いことを実感し、もっと散歩を楽しみたいと思いました〈40代 女性〉

・あっという間に楽しい時間が過ぎ、とても充実した土曜の午後でした。今回も新たな発見がたくさんありました。感謝です〈50代 男性〉