REPORT

英語de門前クエスト

2021年4月22日

13:30~15:30
参加者: 12人

【案内人】小松春菜(英語講師)

【プロフィール】
在ロンドン13年、飯綱町に3年前に帰郷。
現在はJamSession英会話の主催、外国人向けの観光ガイド、
英語関連のイベントを多数手がける他、
演劇ワークショップのファシリテーターや和太鼓クラブの講師も務める。

 

【コース案内】
いろんな場所をクエスト(冒険・探索)しながら、
チェックポイントでそれぞれの英語ミッションに挑戦!
海外の人を門前でおもてなしする時に使える英会話のコツや大事なことを、
ゲーム感覚で楽しみながら学びましょう。英語のレベルは問いません。

 

【コース】
西方寺
かの有名なダライ・ラマも立ち寄ったお寺。
お寺で見かける日本独特なモノや文化をシンプルな英語で伝えるには・・?

西之門よしのや
今や日本酒は海外観光客にも大人気。外国人の観光ガイドでもよく訪れる
こちらのお店では、日本酒のテイスティングが可能。
一番オススメの日本酒を英語で紹介できるようになろう。

仲見世通り
おみやげ屋さんが立ち並ぶ仲見世通り。
外国人がよろこびそうなおみやげをワンコインでゲット!

Caffe Terra
オーストラリアから移住してきた日豪カップルが経営するお店。
ジェラートやコーヒーを英語でオーダーしたら、選んだおみやげをシェアしよう。

 


 

今回のまちあるきは「Hi!I’am〇〇」の自己紹介からスタートしました。

ポイントは「シンプルに」「短く」。

 

例えば「だるま」の説明も、「これはラッキーアイテム」「私たちは新年にゲットする」というような簡単なフレーズで大体通じるとか。

たしかに!!

 

 

あいにく雨降りでしたが、道すがらのものを「どうやって簡単に訳せるか」クイズをしていたらあっという間に西方寺に到着。

 

 

ここでお題が出ました。

「西方寺の中で紹介したいものをイラストにして、10分後にプレゼンしてみましょう!」

 

 

10分後。煌びやかな大仏様が見守る本堂で、雨宿りをさせていただきつつプレゼン開始です。

ここでも「お寺(temple)」「燃えた(fire)」「動かした(moved)」「戻した(remove)」の単語とジェスチャーで、西方寺の成り立ちを見事に説明した小松さんのお手本に目からうろこでした。

 

 

お寺の次は、西之門よしのやへ。

 

 

日本酒は近年、海外の方からの人気も高まっているらしいです。

 

 

試飲もしつつ、さぁ、また簡単な英語で「おすすめの一品」を紹介してみましょう!

 

 

できるだけ「簡単に」「シンプル」に…

 

 

それぞれの方がおすすめの一品を紹介しました。

 

 

ここでのコツは「私は好きだよ~(I like it!)」とか、「家族がよく飲むよ」とか、自分に寄せて話した方が伝わりやすいということ。

ちなみに「精米歩合のパーセンテージ」を、アルコール度数と勘違いして「めっちゃ強い酒じゃん!」とびっくりする海外の方も多いそうです。

 

 

仁王門へ。

迫力満点の仁王像は、海外の方には本堂より断然ウケが良いとか。

 

 

ここで最後のお題。

「仲見世通りで自分が紹介したいお土産を買って、cafe terraさんに集合してプレゼンしましょう!」

 

 

思い思いのお土産を手にした参加者の方が揃いました◎

 

 

cafe terraさんは自家製ジェラートを中心に、焼き菓子なども幅広く扱う日豪カップルのお店。

 

 

メニューも英語で注文したら、いよいよプレゼン開始です。

 

 

参加者の方もだいぶ慣れてきたご様子。

お互いのプレゼンへのリアクションも良くなってきました。

 

 

小松さんの明るい人柄に、コミュニケーションは言葉だけじゃないんだなとあらためて実感。

 

 

正しく細かくしゃべるより、お互い楽しいが一番ですよね◎

 

(同行:大日方)

 

 

 

私の善光寺門前町

2021年4月22日

14:00~16:00
参加者: 7 人

【案内人】中島夕絵
善光寺びんずる市実行委員

 

【プロフィール】
10年前、生まれ育った門前に東京から帰郷。
町の有志と毎月第二土曜日に善光寺境内で手づくり市を開催。

 

【コース案内】
生まれも育ちも門前の私が、門前の文化や楽しみ方をお伝えします。
観光視点とは違った「へー」や「ふーん」を知ることで、
善光寺さんはいつも私たちの側にあることを感じていただけたらうれしいです。

 

【コース】
仲見世
何気に歩いていた仲見世通りの歴史と今をお伝えします。

善光寺本堂
お参りのポイントや内陣についてお話します。

東庭園

やよい茶屋にて甘酒やサイダーで一服しながら、境内の桜を楽しみましょう。

竹風堂大門店

意外と知られていない文化的な魅力のある竹風堂さんで、
栗あんみつでもいただきながらお話しましょう。

 

 


 

案内人の中島さんは生まれも育ちも元善町。

元旅館の立派なご実家は仁王門の目と鼻の先にあります。

 

 

「ここの〇〇さんはね、とっても〇〇でね」と、案内はすべてご近所トーク。

一般のガイドさんには真似できない話の説得力と親近感がありました。

 

 

毎年、予約の争奪戦になっているという「2月28日藤屋の日」。

「Somthing Red」など各年のテーマが決まっていて、それに沿った服装とお料理を楽しむ会があるそうです。

5000円ほど(値段は目安です)で、ほんっっっと~においしいお料理(原文ママ)を楽しめるとのこと。

 

 

「参加したいわ」というつぶやきがあちこちから漏れました。

みなさん、来年の幸運を祈ってますね。

 

 

大本願の門にある菊の紋章。かつては皇族の方が尼となって入られていたことを示しているそうです。

昔は本意ではなく尼となられる方もいたそうで、中島さんのお母様が目にしたちょっと切ない思い出話も伺いました。

(これからこの御門を見る目が変わりそう)

 

 

仲見世通りへ。

ここ一帯のまちの方々やお店の方々がどうやって暮らし、商いをし、善光寺を支えているかを伺いました。

 

 

中島さんが小学校の帰り道に鯉や亀に給食で余ったパンをあげて遊んだ大勧進前のお堀。

善光寺さんが絶妙な角度で入るフォトスポットも教えてもらいました。

 

 

昔の馬小屋のなごり。

 

 

善光寺さんはペットも参拝OKですが、おしっこによる柱の劣化が近年問題にもなってきているとか。

 

 

こちらは参加者の方が教えてくれた、初詣の時に登場するおみくじの自動販売機。

中島さんは知らなかったとのことで、案外近すぎると目に入ってないものもあるんですよね。

 

 

善光寺お盆縁日は「絶対楽しいから来てほしい!」行事。

中島さんがいるあたりにお坊さんのDJブースができて、みんなで盆踊りをしながら盛り上がるそうです。

 

 

東庭園へ。

 

 

風が冷たかったので、やよい茶屋での休憩は省略して葉桜を愛でながら歩きます。

 

 

庭園の隣にできた長野県立美術館。

 

 

現在は土堤防がありますが、東庭園と県立美術館がひとつながりになったら…

という中島さんの想いも伺いました。もっともっとできることの可能性がひろがりそうですよね。

 

 

最後は希望者だけで竹風堂さんでお茶休憩。

 

 

この日はアイスクリームにマロンペーストをかけたものを注文する人が多かったです。

 

 

おいしかった!

一階のお店で瓶詰めでも売られているそうです。

 

(同行:大日方)